引越し時には住所変更手続きを忘れないように

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

引越し 単身パック 近距離 料金について

引越しの作業をするときには、様々な重労働があるため細かな作業を忘れてしまうこともあります。特に住所変更の手続きは引越をしている最中にやるひつようがあるため、引越しをする数日前に手続きをしておくべきです。
6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s.jpgのサムネイル画像
ちょうどその頃には、段ボール箱の梱包が終わる段階で最も忙しい時期にあります。この時期に合わせて、郵便局で住所変更の手続きをすることや、手持ちのクレジットカードの住所変更などを多くの作業があります。

これらは引越が終わってからもできる事もありますが、重要な郵便物が前の住所に届けられる可能性もあるので、郵便局の手続きだけでも必ずやっておく必要があります。

もう一つ重要になってくるのが、転居届を役所に提出する事です。提出と転入の届けをやらないと住民票が移動しないので、この手続きを必ず行う必要があります。

このように引越しをするときには多くの手続きをやっていく必要があるので、段ボールに家財道具を梱包する作業に追われるだけでなく、段取り良くやっていく必要があります。

引越しのスケジュールを想定したときにスムーズに作業が完了出来るようにするためには、手間のかかる作業を早めに終わらせて、引越し当日には移動だけで完了できるような状態に持っていくことが重要です。